Three Ducks in Switzerland

7才&ツインズ4才とのドタバタな様子をスイスから発信。たまーにスイス情報も。お友達募集中。Benvenuto!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の戦い。

昨日に引き続き、バトル話チッチョーネ編。

最近ね、亜衣里がよく亜梨紗を噛むんです。特に怒る理由が無い時にでも急に噛んだりしてる。
今、亜梨紗の体には5箇所ぐらい亜衣里の歯型があってね、可哀想なんです。

で、おとつい、私がお手洗いに行っとった時に

「ギャア~

って聞こえてきたから、あぁまた噛まれたんかなぁと思って亜梨紗のとこに行ってみると、彼女は人差し指を突き出してきた。

よく見ると、やっぱり歯型があった

亜衣里に向かって「亜梨紗にごめんねーしてなぁ」ってふともう一度何気なく亜梨紗の指の方を見てみると、なんと彼女の手にはたくさんの髪の毛がっ!

たぶん噛まれた腹いせに亜衣里の髪の毛を引っ張ったんやと思われる。

1歳8ヶ月にしてお互いこんなことするなんて、すごいねぇ・・・(涙)

友達にはみんな彼女たちは「たくましいよねー」って言われます。

確かにたくましいかも・・・

ダリダリがチッチョーネたちにやられるのも時間の問題かなと思う母です。
CIMG2246.jpg

こんな時は仲ええねんけどね~。
CIMG2300.jpg

なかなかサマになってるっしょ??
スポンサーサイト

電話バトル。

今日のチューリッヒ、久しぶりに涼しいっていうか寒かったです。

先週は暑かったのにねー。さすがスイスのお天気

スイスの天気予報ってたいがい晴・曇り・雨マークが一緒ってなのが多い。今はもう見慣れたけど、最初の頃は「だからどれやねん、せめて二つに絞ってーな」と一人突っ込んだりしてました。

さて最近のチッチョーネは電話が大好き

おもちゃのんじゃごまかされません。

本物がええんです。

ここ最近、私が実家の母と電話してる時なんて、もうスゴイ。
まともに話なんてできへん。

まずダリダリが日本の家族全員と話したがる。しかも長い

で、チッチョーネも受話器を持ちたいからダリダリの後渡すでしょ。
少し話すんですよ。私がばあば言うてみぃって言うと「ばあば」とか「ばいばい」、あとは「あーいーり」「あーりーさ」っなんてことも言ってみたり。

ここまでは非常に可愛い、ほんま可愛らしい

だけどこの後、受話器を取り上げると二人ともすごいことになる。

絶叫して泣き喚いて、家中走りまくり最後には私んとこに来て怒りをぶつけるためバシバシ叩く

これが×2ですからね。
たまったもんちゃう。

私が話し終わった後、切れた電話を渡しても声が聞こえてこーへんと興味がないらしく、ポーイと投げ捨てる・・・

そんな我が家の最近の電話事情でした。
CIMG2306.jpg

おいしかったよ~。Byダリダリ。

バタ丼。

最近続いています、食べ物話。

今日は私が通っとった大学の名物メニュー、

「バタ丼」

について。これは「豆腐のバター焼」というものをご飯の上にのっけて頂きます。

材料はお豆腐・もやし・バター・おしょうゆ以上。

私の作り方はバターでお豆腐をこんがり焼いて、そこにもやしを加えてチャチャッと炒めて最後におしょうゆを回す。これだけでも十分においしいけど、でも学食で食べとったんと、ちと味が違う。何が違うんかなぁといつも思うけどわからへん・・・経験の差かな?

(パリ在住のIちゃん、バタ丼のレシピ知っとう?知っとったら教えて~!)

このバタ丼、卵をのっけるバージョンもあります。卵を入れると味がまろやかになる気がします。
でも私は乗せない派。

日本やと安上がりのこのメニューもスイスではそれほど安くないけど、でもたまーに食べたくなって昔を思い出しながら作っています。

昔といえば、ほんまによく作ったメニューの一つに納豆オムレツがあります。

これはほんまに自分でもよく作ったけど、寮の友達にもよう作ってもらったメニュー。
これに「とんぶり」別名「畑のキャビア」とご飯ってパターン、みんなとよく食べたなぁ~。

スイスでもたまに納豆オムレツ焼くけれど、子供たちには不評子供たちは納豆だけ摘んで食べております。

納豆はみんな大好き。恐ろしいほど食べる(苦笑)
一人一パックなんて余裕。
いいですよ、日本やったら。なんぼでもお食べといえるけど、スイスやと「ちょっと待ちー」と待ったがかかる(笑)
自分で作っている人たちもいるけど、私は怠け者なんでそこまで出来ません。

バタ丼おいしいですよ~。是非お試しあれ。


ダリダリレッスン?

さっきパパが「おーい」と呼ぶんで、またくだらん何事かなぁと思いながらリビングに行くと・・・

なんと!!みのもんたがおるやーん!!!

ドイツの放送局がほんの数分やったけど、彼を紹介してたんです。

まっさかスイスでみのもんたをTVで見るとは思ってなかったよ・・・

アジア映画はわりとよく放映されてるから、たまに日本人の俳優さんたちを見かけるけど、今まででビックリしたのは郷ひろみの映画だった。
彼がハリウッド映画に出ていたことも知らへんかったからよけいやってんけどね。

でも今日のみのさんは郷ひろみん時よりさらにびっくりでした

さて本日夕飯時の出来事。

犬の鳴き声を聞いた亜衣里が「ワンワン、ワンワン」と言い出した。
そしたらダリダリが

「ワンワンちゃう、いーぬ!

と訂正。でも亜衣里はそんなことおかまいなしでワンワンの連発。
ダリダリ何度も「いぬ!」と言い返す。

最後ダリダリ半ギレ状態で

「亜衣里、何回言うたらわかる?いーぬーやって言うねん!」

私、笑いながら反省・・・
そう、これ私がいつもダリダリに言うセリフです・・・



ケバップ in バーゼル。

バーゼル話の続き。

バーゼルに行った最大目的はアート・バーゼルやったんやけど、もう一つの小さな!?目的は

それはトルコ料理屋さんに行くこと!

もう2年以上行ってへんし、ひょっとしたら閉店になっとたりしたらどーしよーと思いつつ、訪れてみるとまだあった!嬉しい~

このトルコレストランは私が昔住んどった学生寮のすぐ近くにあって、お値段もスイスにしたら良心的で、しかもおいしくってボリュームあって、ランチタイム・週末はいつも混んでいる人気レストランなんです。

初めはチッチョーネもいることやし、サンドイッチのテイクアウトにしようと思っとったんやけど、ピーク時も過ぎていたこともあって、お店の方が「せっかくだから食べていきなさいよー」とおっしゃってくれたのでレストランで頂いてきました。

久しぶりのレストランに久しぶりのケバップ

あ~もう幸せでございました。

ここのケバップはもちろんサンドイッチタイプもあるけれど、普通はお皿に削いだお肉をた~っぷりのせてきてくれます。

私が一番好きなんはメニュー4番で

サラダ・ケバップのお肉・ピラフといってクスクスみたいなのもの(これがブルグルなんかなぁ?)そして半分に切った米ナスの中にひき肉と野菜が詰めれたもの、これにあとめっちゃおいしいパンがおかわり自由で付いてきます。このパン、ナンみたいな感じでほんまにおいしいんです。

すごい量で大食いの私でも超満足なメニュー。
これらが20フランで食べれます。(2000円ちょっと)
日本やったら、高いけどスイスにしたら安いんですよ~このお値段。

あと他にもいろんなおいしいメニューがあるんだけど、結局いつもこのメニュー4番か、お肉たくさん食べたい時はケバップを食べてるなぁ~。

そして今回はバーゼルの地ビールも飲めて、はぁもう感激

私の中ではケバップといえばここがNo.1なんやけど、パパ曰く、ロンドンはもっとおいしいって言ってる。

私はまだロンドンで食べたことないからわからんけど、どんなものなのか食べてみたいなぁ。

スイスに来てからテイクアウトでもよくケバップを食べるようになりました。だってここマクドといえどもめちゃ高い。
マクドで1000円出すんやったら、おいしいケバップ食べる方がええよな~っていうんで、私はジャンクフードが食べたくなるとケバップ屋さんに行きます。

ところでフランスでケバップっていうとパンの中にお肉・野菜以外にフライドポテトも入ってたような気が・・・
これってスゴイよね・・・

CIMG2281.jpg

ドイツ語で「ラーメン」と発音します。「額縁」という意味です。
この額縁屋さんは私が住んどった寮と同じ通りにあります。
ラーメンもドイツ語になると額縁になるねんねぇと、この額縁屋さんのおかげですぐに覚えれた単語でした。

CIMG2267.jpg

CIMG2274.jpg

僕たち、やっぱり兄妹やと思わへん?上・あいり、下・ありさと。

アート・バーゼル。

CIMG2282.jpg

今日は思い出の地・バーゼルに行ってきました。

う~ん、やっぱり素敵。可愛い街。

でも残念ながら今回は街を歩かずただ目的地のみ行っただけなんですけどねー。次回はちょっと散策もしたいなぁ。でもダックスがいるとちょっとムリかな・・・

今回の最大目的は見本市会場で催されている現代アート展示会。
この展示会は年に一度、バーゼルとマイアミで開催されているそうです。世界中の作品が集めらているみたいです。

ひっさしぶりの美術鑑賞でめっちゃウキウキしながら行ったけど・・・

超スゴイ人!

それに作品もめっちゃたくさんあって一日じゃあゆっくり全部見て回られへん。

なのでそんなにたくさん見れませんでしたが、でも現代作品の中に混じってピカソの絵もあったし、スイスが誇るクレーの絵もすこしやけどあったし、大好きなカンディンスキーも2枚あって、それらを偶然あの広い会場の中で見ることができたのはとっても良かった。

子供たちはね、最初は一緒に見て回っててんけど、やっぱりダリダリが途中から退屈し始めたんで、設置されてる託児所にチッチョーネ共々パパが連れていってくれました。

だから束の間やったけど一人で作品見て回れたのはいいリフレッシュになったなー。

こう見えて絵とか見るのん、好きなんです(笑)

大学時代に住んどった寮に美大生がおってね、彼らの影響がすごく大きかった。
色でもいろんな色が存在することを教えてもらったし、彼らは器用な人たちが多いから何でも自分でちゃっちゃーって作るねんけど、でもねさすが美大生、素敵なものを作るんよね~。
図画工作が得意ではなかった私には憧れの人たちでした。
みんな今頃どーしてるんかなぁ。

今日はこの辺で。
次回はバーゼルに行った目的地・その2について書きま~す。
CIMG2280.jpg

私がその昔住んどった近所の風景。
CIMG2268.jpg

今日の記事とは全然関係ないけど子供たちのスリーショット。

さかだち。

日曜日の話なんですが・・・

テニスの全仏オープン、フェデラーまたナダルに負けてもーたよ

テニスなんて全然ルールわかってへんし興味もなかったんやけど、スイスに来てからフェデラーっていうめっちゃ強い選手がいることを知って、それから彼の試合結果だけは気にするようになった。

スポーツ観戦といえばスイスに来て以来、不満なことが一つある。

それは野球中継がなーいってこと。

こっちは野球が全然メジャーなスポーツとちゃうんよねー・・・悲しいことに。

サッカー中心やからさぁ。サッカーも見だすとそれなりにおもしろいけど、でも私は阪神戦が見たい!

でも今年の阪神、あかんねぇほんまこれからがんばってほしいわ。

さて話変わって今日ダリダリと話てるうちに、話題が逆立ちのことになった。

久しぶりに(ほんま久しぶり。何年ぶりやろ?)逆立ちに挑戦してみることに。ってもちろん壁に向かってですけど。

いやぁ~昔みたいに簡単な気持ちでできませんねー。

勇気だして(大げさ)えいっとやってみました。そしたらなんとかできたけど。よかった・・・

ダリダリも私が足を持ってあげたらできました
やっぱり男の子やねー。腕力があるんやねー。結構長い時間できとったんよ。

ところでダリダリ、今日は私の実家のみんなと長電話
ほんま、ずーっとしゃべとった。

話題は昨日食べたソフトクリームがどうやって機械から出てくるかとか、車・ショベルカーの話とか、何食べたとか、そんなことを永遠としゃべっとった。

さんざんしゃべった後に言った一言。

「ほんならそろそろ終わろか」

いや、まだマミィ全然ばあばとお話してへんのですけど・・・

そんなダリダリ、今身体も成長中。背が少し伸びています。

CIMG2223.jpg

CIMG2249.jpg

タブーレとシュークルート。

今日は土曜日だけどパパが会社のイベントで不在。

パパの居ないご飯は和食系が多いねんけど、今日はなんとなくご飯とお味噌汁って気分でも無いし、何にしよっかなーと思いついたのがタブーレ。

タブーレはクスクスと野菜をオリーブオイルで混ぜて頂くお惣菜。
クスクスは蒸して、野菜は今回冷凍室に大量に枝豆があったので、この枝豆とトマトと、あとなすをオイルで炒めたものを、レモン汁・ミントの葉・パセリ(これらはみじん切り)オリーブオイルで味付けします。

レシピがあったので作ってみたけれど・・・

ミントの葉を入れすぎたせいかなぁ、期待が大きかったせいかイマイチまだまだ研究の余地あり。

次にワタクシの今日の晩ご飯はずっと冷蔵庫に眠っていた酢漬けキャベツを使ってシュークルートに挑戦。

これはフランスはアルザス地方が有名やんね!?

玉ねぎのスライスとにんにくのみじん切りをじっくりバターで炒めて、白ワインをどばーっと注いで、さらに一度焼いたベーコンとじゃがいもを放り込んでコトコト煮るだけ。

本当はソーセージも入れるといいんやろうけど、今日はあまり食べたい気分ではなかったので省略。

ここでは簡単にブロックベーコンが手に入るのでそれを分厚く切って使用。

これはおいしかったです。

なんていうか、一口いれて

「わぉ!

てな味じゃないけど、後を引くっていうんか、しんなりした玉ねぎがの甘みと酢漬けキャベツのコンビネーションが私は好きです。

あとベーコンの塩味がよく効いてた。

こういうお料理って大鍋でどかーんと作った方がもっとおいしいように感じる。

酢漬けキャベツが好きな人にはいいんじゃないかなぁ~。
ちなみに亜衣里はちょこちょこ食べてました。

パパは基本的に食に関してコンサバ。
クスクスもあまり好きではないし、シュークルートもたぶん好きじゃないと思う。(だいたい煮込み料理より焼いたもんの方が好きなので)

それでも私と知り合うまではイタリアーンしか(しかも結構レパートリー少ない)知らなかった彼が、お刺身大好き、お寿司も好き、照り焼き・から揚げ・天ぷら、要するに油っこい系は和・中でもたいがい大好きで、しかも魚は焼いてお醤油で食べるのが一番おいしいっ!って言うようになったことを考えると、まっ、いっかなぁーなんて思っています。

ちなみに昨日は近所のたぶんトルコ人が経営しているであろうと思われる怪しいお店で、日本のものにちょっと似ている細いなすを発見。こっちは普通、米ナスタイプのものやからねー。大きくて皮が固いっ。

このお店、トラムの停留所に近いからか、外見怪しいわりに結構お客さんの出入りがある。大きいお店じゃないねんけど、何でも売ってるみたいで、食料品・たばこ・雑貨、さらには子供のおもちゃまで売っている。なんかすごいでしょ!?

で、このおなすを使って今年初・焼ナス食べた~。
うちガスちゃうからフライパン使って焼いたけど、それでも十分にイケたー。おかかたっぷりかけておしょうゆタラリ。あ~もうこれだけで幸せ

ダリダリはあまり食べへんかったけど、チッチョーネはパクパク。

いやぁ、今日の3点の中やったらやっぱり焼きなすがダントツにおいしかったっす。あーまた食べたいぞ~。








スパイダーマン!?

CIMG2187.jpg


ダリダリはロッククライミング(っていうん?)が大好き。
この日も始めはまだ誰かに手伝ってもらわなければ最後まで登りきれへんかってんけど・・・

CIMG2204.jpg


「ママぁ、見て!」と
ある時、気が付けば一人で登ってしまった

ここのはちょうど今のダリダリにいい感じで、うまくやればなんとか足と手が届きます。

ダリダリはチッチョーネと違って注意深いところがあるから、意外に落ちへんとは思いつつも、やっぱりいつか足を踏み外して落ちへんかとわらわは心配で見とってハラハラドキドキ

でも本人は一人で登れてめっちゃ嬉しかったみたいで、その後も何度かトライしてました。

やっぱり男の子やね~。
本人、気分はスパイダーマン。(ってそんなによく知りもせーへんのに)

CIMG2186.jpg


ワタシもちょっとやってみようかしら!?(by あいり)

CIMG2202.jpg


ワタシはこっちの方がいいなぁ。シューンっと滑れてあぁ楽しいっ。(by ありさ)

CIMG2207.jpg


やっぱり遊んだ後はこれよね~。
と、二人でおにぎりをむしゃむしゃ

どうか素敵な週末をお過ごし下さい。

スイスワイン。

チッチョーネのバトルが以前より減ったかなぁと思った矢先、

なんと、本の取り合いの最中に亜梨紗が亜衣里の腕におもいっきり噛み付いた

しかも不幸なことに今日は半袖を着せとったから、腕に歯型バッチリ・・・

見ただけで痛そうやねん。

っていうかほんまに痛かったと思う。わんわん泣いとったもん・・・

でも亜梨紗の噛みたい気持ちもわからなくでもない。
だって亜衣里は全身プヨプヨでおいしそーやねんもん・・・(って冗談っす)

さて先日消してしまったスイスワイン。

なんてたってお隣フランス&イタリアのワインが有名・おいしいから完全に影に隠れてしまってる感があるスイスワインですが、おいしいものもあるんですよ~。

私ん中ではスイスワインといえばまず白ワイン。

そうスイスいえばチーズフォンデュ
チーズフォンデュはチーズを白ワインで溶かして頂くんですよ。
で、もちろんフォンデュを頂く時のお供も白ワイン

全然ワイン通じゃないから品種とかまったくわからへんけど、一番有名なのは「シャスラー」という品種のものではないかと思われます。

ワインはスイス・フランス語圏で主に作られています。(と思う)

でもパパの実家・ティチーノ州でも少し作られてるんですよ。
いつも実家に向かう途中でぶどう畑が見えてね、お天気のいいこの季節なんかだとこの風景を眺めながら

「やっぱりここは外国~」

なんて今さらながらそんなこと感じたりするわけです。

こちらでは有名どこは赤ワインの「メルロー」という品種。

あと先日このティチーノ州で作られた白ワインを頂いて初めて口にしたんですけど、これはとぉ~ってもおいしかった

辛口が好きな方にはどうかと思われますが、めっちゃフルーティですっきりした味わいで、だからって甘くもなくいい感じで、結構すすんでしまったなぁ

余談ですけど、

チューリッヒにやって来る前、1ヵ月半ほどロカルノ周辺に住んどったんです。

その時に借りた住まいが今思うとめちゃくちゃいい所やったね。
バルコニーからの眺めも最高で、湖がめちゃくちゃよく見えてね。

大家さんのゲストハウスやったんですけど、アナタ、ゲストハウスっていっても立派なもんでねー。

家の隣には小さいとはいえ室内プール付き

ほぼ毎日使わせもらいましたよ。

そんなとこに居たのにチューリッヒに着た途端、マンションの周りは工事だらけで、めっちゃうるさくてこの生活ギャップにしばらく鬱になってもんです。ほんまに。

で、何が言いたいかっていうと、その大家さん、実はワイン作ってるオーナー。社長さん。

パパが一度鍵を返しにお宅にお邪魔したらとにかく超スゴイ家だって言っとった。

この大家さん夫婦、もうおじいちゃん・おばあちゃんなんですけど、奥さん、全然おばあちゃんって感じじゃなくて、まさにセレブな奥様。

70歳近いと思われたけどジャガー乗り回して、ガウンもシルクのガウンでっせ。

世の中っていうかスイス多いよなぁ、お金持ち

そのおじいちゃん、「マタッシ」って言います。
機会があったらその「マタッシ」おじいちゃんの作ったワイン、試して下さい。

このご夫婦、とってもいい方たちです。(べつに回しもんちゃうから)

CIMG2173.jpg

CIMG2174.jpg

ハプニングなく帰宅。

ボンジョオルノォ

今回の実家訪問は、勝手にチッチョーネの髪の毛を切られることもなくつつがなく終わった週末でございました。

っていうか今回はいつも以上に収穫ありでした。

そう、ノンノ・ノンナ(イタリア語でじいじ・ばあばの意味)が子供たちの新しい靴&服を買ってくれたのだぁ~。グラッツェ。

実は行くちょっと前にパパが電話で

「そろそろチッチョーネの靴が小さくなってきたみたいなんよなぁ。で、今回時間があったら探してみようかと思ってるねん、あっ、あとダリダリのサンダルもなぁ」

な~んてさりげなく言ってみたら、やはり効果バッチリ。

電話した翌日にはおじいちゃんがわざわざ子供用靴のお店まで足を運んでチェックしてくれたらしい。

私が知り合った頃のパパは、浪費家ではないけど、なんていうか、良く言えば気前がいい、でももうちょっとお金の管理した方がええんとちゃう?って感じやったのが、5年も私と一緒に暮らしとうと、だんだん私の特売品追っかけ気質に汚染されてきたのと、あとやっぱり3人の子供を養っていくっていうのが今は身にしみて大変だぁと感じてるんと両方やと思うねんけど、以前よりちゃっかりしてきた。

昔やったらこんなセリフ、絶対言わへんかった。

でかしたじゃあないの、パパどん。

それから義父が「イタリアで半額やったから」と言って帰り際にオリーブオイル(エクストラの方でっせ)2本も持たせてくれた。
ありがとうございまする。

金曜日の夕方について日曜日のお昼ごはん後スグに出発やったから、私でもちょっと短かかったなぁと思うくらいなんで、彼らには短すぎたと思う。

でもね、これぐらいの方が波風立たず丁度ええねん。

私もまた来たいなぁって思えるし。

それにしてもいつも言うけど、なんで同じスイスでこうも食べ物のおいしさが違うんやろう。

チューリッヒも食に関してはもう少しティチーノ州を見習って欲しいっす。

写真は次回にアップしま~す。


がーんっ・・・。

昨夜ブログ更新しとったら、最後になって全部消してしもーたよ・・・

昨日はスイスワインについて書いてたんです。
このことに関してはまた次回書きたいと思います。

今日のチューリッヒは雨んで寒いっ。

今日はこれから2ヶ月ぶりにパパの実家に行ってきます
といっても日曜日には帰ってくるんですけどね。

なんもハプニングが起こらへんことを祈って

では行ってきまーす

HOME

 プロフィール 

pesca

Author:pesca
家族構成
・パパ(スイス生まれのイタリア人)
・ママ
・ダリダリ 7歳
・チッチョーネ 亜衣里&亜梨紗 4歳
今はスイスに住んでいます。
*チッチョーネとはイタリア語で「太っちょ」という意味

 最近の記事 
 最近のコメント 
 FC2ブログランキング 

ランキングに参加しています。ポチっと一押し、よろしくお願いします!

FC2ブログランキング

 カレンダー 

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 月別アーカイブ 
 カテゴリー 
 リンク 
 ブログ内検索 

 ブロとも申請フォーム 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。