Three Ducks in Switzerland

7才&ツインズ4才とのドタバタな様子をスイスから発信。たまーにスイス情報も。お友達募集中。Benvenuto!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この冬最後。


日曜日の夜中2時をもってここスイスはサマータイムに変更しました

日本との時差は7時間になります。

夏時間に変わるとき、毎年「なんか損したっ」って気分になる。だって今までの調子で日曜日やし今日は8時まで寝坊させてぇ~♪なんて思って起きるといきなし「9時」になってるわけですからね。

だから8時に起きたきゃあ、冬時間の「7時」に起きなあかんわけです。

寝ぼすけな私としましては、このあたりかなり重要でして・・・

まぁそんなことはどうでもよく、今日は快晴なチューリッヒ

家に居るのももったいないってんで、この冬最後かと思われるそり滑りに行ってきたよん。
CIMG3190.jpg

ゴンドラで上に向かうところ。
CIMG3197.jpg

この写真でわかるように、そりと言っても本格的なものではなく、ダリダリがお尻の下に敷いているのが見えますか?このうすっぺらい板みたいなものの上に座って坂道を滑るんです。
でもこれ、楽しいー!!!大人でも充分楽しめるっ!
もちろんダリダリもお気に入り。
CIMG3209.jpg

3人で制作した雪だるま。

楽しかったねー!
スポンサーサイト

トイレ好きなのもいいけれど。

チッチョーネ、ただ今2歳5ヶ月。

こちらは日本と違ってトイレトレーニングに関してはゆっくり(に思う)なので、チッチョーネはこの夏から始めたらいいよな、なーんて呑気に構えとったんやけど、少し前から特に亜梨紗はうんちのみやけどトイレでするようになりました。

この二人はダリダリと違ってもうずいぶん前からウンチをすると「でたー」と報告してくれます。ダリダリはこの時期そんなんなかったもんな。
そしていつのまにか、出る直前になると亜梨紗は教えてくれるようになりました。

お兄ちゃんの影響ってスゴイ。

でもね、良いことばかりではありません。

我が家幸いトイレは2つあるんですけどね、いったんチッチョーネに占領されるとこれがなかなか大変でして。

二人ともうんちじゃない時でも

「うんちー

て言いながら、自分たちでわざわざトイレセッティングして(←子供用の便器を乗せる)スタンバイしてますからね。

でもっていったん座るとこれが長い

じゃあ、座らせなければいいじゃないか、という話やんけど亜梨紗は嘘かほんまか見分けるのがなかなか難しい。

何度かトイレした後にまた「行くー」って言うから、どうせトイレに座りたいが為に嘘ついてるだけやんって無視しとったら、実はほんまやってパンパにしてしまったことがあったんよね・・・

せっかくトイレでやる気になっているのに、座らせへんのもなんやな・・・て思ったり、でもダリダリも使いたいからしょっちゅう座らんとってっとも思ったり・・・

ちなみに亜衣里はまだ数回しか成功してません。

彼女、笑えるのが、いざほんまにうんちが出るってなった時、座ってるより立ってするほうがいいんか、半べそになりながら立ち上がり、パンパを取ってきて自分であてて(るフリね)きばっております。

もちろん、私はせっかくトイレにおるねんから、また便器に座らせてさせますが。

今はまだうんちのみでのトイレ騒動?やけど、これが本格的にトイレトレーニング始まったら、って想像したらなんや恐ろしくなってきたぞ・・・トイレトレーニング。

外出先のことなぞ考えたら、どないしよ・・・って考えるのやめとこ。

そんな親の恐怖心をよそにチッチョーネは

「はやくあいりもパンツはきたいなぁ~」
「パンツ、パンツ、ありさのパンツ~♪ママ、買ってー」

と言うております。


フォックスタウン。

先ほども書きましたが、イースター休暇を利用して3泊4日ロカルノへ。

チューリッヒ州はプロテスタントの州なので、金曜日はほとんどのお店がお休みですが、ロカルノがあるティチーノ州はカトリックの州なので(だからかどうかは知らへんけれど)金曜日も平常通り開いていました。

そこで私たちはロカルノから車で45分ほど走った所にあるフォックスタウンといって、この辺りではめっちゃ有名らしいアウトレットのお店がずらぁぁぁと入っているところへ行ってきました。

噂には聞いとったけど、確かにイタリアナンバーの車、多かった。
観光バスも何台か見かけた。

スイスは物価が高いといっても、これらのアウトレット商品はイタリアで買うより安いらしく、おまけにここはイタリアからもとっても近いところなので、イタリア人もよく来るみたいです。

だからか、イタリア系ブランド、多い。

今回はダンナのスーツが目的やったし、しかもチッチョーネもおったから他のお店なんて見られへんかったけど、いつかは私のもんも買うてな、ダンナさん。アウトレットでも全然ええで(笑)

話はガラリと変わりますが、今週初めはここチューリッヒ、雪やったんですよ、雪。

そういえば日曜日、ロカルノからチューリッヒに戻ってくる時、途中17kmもあるトンネルがあって、そこを境にスイス・ドイツ語圏とイタリア語圏になるんですが、ロカルノはお天気やったのにトンネル抜けた途端ドイツ語圏吹雪。

もうごっついびっくりした。

たいがいドイツ語圏に入るとお天気が悪いんですが、でもこんなにすごい違ったのは初めて。

一方は太陽でもう一方は吹雪って・・・。

さすがのダンナも運転が怖かったみたいで、スローで走ってました。

いやぁ、私も怖かったもん。いつもは横でこっくり寝ているけれど、さすがにあまりの悪天候で目が覚めて思わず無事お家に戻れるように祈ってしまったさ。

そんな雪の日も終わったらしく、明日いいお天気みたい。

みなさま、素敵な週末をお過ごし下さい~。







ついに。

花粉症になってもぉたー(涙、涙、涙)

日本では

春=もんのすごいひどい花粉症=超憂鬱

やったんですけど、スイスに来てからというのも去年あたりまでは全然大丈夫やって、去年はちらっと「うん?これって花粉症か?」って疑いらしきもんはあったんですがこれが意外にもあっさり治ってくれて幸せなお鼻人生を送っていたのに、あぁついについに今年はかかってしまった・・・

今年は先週末がイースター(復活祭)やったんです。
このイースター、毎年日にちが違います。今年は例年より早かったっす。

で、このイースター、こちらの人たちにとってはクリスマスに並ぶ大事なイベントってなわけで私たちも義両親が居るロカルノに行ってきたんですが、

ここで花粉症になったーーー悲劇悲劇

チューリッヒに比べたら確かにお天気は良かったけれど、だからって特別暖かくもなかったのに関わらず!着いた日の夜からすんごい鼻水オンパレード。

目も痒いかゆいカユイ。ちなみに上顎もかゆい。

しまいには鼻かみすぎて、鼻の下ヒリヒリ。めっちゃ痛い。

チューリッヒにはなくてロカルノにはある花粉ってあるのかなぁ?

チューリッヒに戻ってきてからはずいぶんとラクになって、後遺症はあるものの、ロカルノ滞在中と比べるとお鼻は天国。まぁここ寒いからまだ花粉がそんな飛んでないって話なんかもしれんけど・・・

これからどーなる、我が鼻。

今後対策としてまずは明日、クリネックスを大量購入したいと思います。

本読み。

今年に入ってから寝る前に本読みをしています。

ダリダリは3歳くらいまでまったくもって絵本には興味がなかった。もっぱら乗り物系おもちゃ・外遊びのみ。

チッチョーネもそれまで読み聞かせに試みるも静に聞くなんてことはなく、最後までお話を読めたことがなかった。

それがやっとみんな?落ち着いたのか以前よりは(やっとこさ)絵本に興味を持ち、寝る前のお楽しみとなっています。

最近のダリダリのお気に入りは「機関車トーマス」。これは日本語で。亜梨紗も聞いておりまする。

で、亜衣里はトーマスには全く興味がないのか、それともここんとこパパラブなためか、彼女はパパにピンパっていうお話かスポッティ(オリジナルはスポット、なのにイタリア人は勝手にスポッティと名前を変えている)という可愛い犬のお話を読んでもらっています。

今宵は突然ダリダリが「ボクが本読む!」と宣言し、彼がチッチョーネに読んであげていました。

いや、でもね、彼はまったく「字」読めません。あいうえお、がたまにわかる程度。自分の名前すらまだわかっておりません。

なので記憶をたどって読んでたわけですが、これが聞いてるとかなり笑える。

ストーリーはわかっているねんけれど、たまに人物(ってか機関車)の名前が入れ替わってたり、助詞が違ったり、なんてことがあって、でもそのたった少しのことで話がめっちゃ変わったりするもんやからめっちゃおかしいねんけど、でも一生懸命読んでる横で大笑いするのも可哀想やし、一人お腹抱えて笑いを我慢しておりました。

これ、下手な漫才を聞いてるよりウケます。

これからもいろんな本、読んでいこうね、そして読んでいってあげてね、ダリダリ先生。

おじさん、ベビーシッターをする。

先週金曜日の朝、ワタクシ、半年に一回の歯医者さんの予約が入っていて、ダリダリ保育園だからいいんだけれど、チッチョーネをどうしようか・・・と考えとったら、パパが

「(ダンナの)叔父さんに聞いてみれば~?」と言ったので早速℡して聞いてみると快くオーケーの返事

というのも、私が通っている歯医者さんは叔父さんのお家から近いんです。
しかも最近子供たちは叔父さんに懐いとうし。

あ~これで見てくれる人も見つかってやれやれ。

一応数日前からママは歯医者さんに痛い痛いしに行くから、その間叔父さん家で待っててね~と言い含めてました。

そして当日。

無事叔父さん家に到着し、彼女達はめっちゃ喜んで家ん中に入っていったので、私はその隙に叔父さんに大量の食べ物を預けてこっそり歯医者さんへ。

1時間後、叔父さん家に戻ってみると・・・・・・・・

亜梨紗は寝ている
 
亜衣里はなんだか機嫌よく遊んでいる。

大丈夫やったんかなぁと聞いてみると・・・・・

「さっきまで二人とも大号泣だったんだよ、あっはっは」

あまりにもすごかったから、叔父さん家の上に住んでいる家主の88歳のおばあちゃんまでもが心配しておもちゃを持って駆けつけてくれたとのこと。

そしてパパの声を聞けば少しは落ち着くかと思って、叔父さんはダンナの会社に電話するも、あまりの泣き声でオフィス中に二人の声が響いたらしく、同僚たちも大笑いやったらしい・・・

あまりの凄さに叔父さんも

「もう、どうしよもないねっ」

てな感じで焦ることもなく過ごしていたらしい。
そうこうしてるうちに、アリサは泣き寝入り。

叔父さん、ほんまに有難うございました。

ところで話変わるけど、この叔父さんのお家、めっちゃ素敵なお家で、100年以上前に建てられたもので、古き良きヨーロッパの香がする感じってわかりますか?
天井も高くて、ピアノが似合う、私もいつかはあんなお家に住んでみたい・・・

アナタ・ワタシ。

ずいぶん前からチッチョーネはよく歌っていたけれど、最近はだいぶん歌詞がはっきり言えるようになってきたからかどうかは知らんけど、ダリダリも気が向くとよくチッチョーネと一緒にお遊戯をしている。

で、先日久しぶりに「大きな栗の木下で」を歌っていた時、ダリダリなんと

おおきなくりの~きのしたでー♪

あなたのわたしぃ~

って歌ってた・・・

それをマネしてもちろんチッチョーネもあなたのわたしぃ~♪

いやぁ童謡もたった一文字変わると童謡でなくなるなぁと一人ウケとった母です。
CIMG3166.jpg

関係ないけどチッチョーネお休み前ショット。

お仕事中!?

CIMG3180.jpg

「アイリ、そっちの仕事の進み具合はどう?」

「書類できたよー、はいどうぞ、アリサ」
CIMG3182.jpg


・・・・・計算中・・・・・

「ママぁ、お仕事、終わったよ」

ご苦労様でございました。

CIMG3183.jpg

頑張っています。
CIMG3186.jpg

出来たー!
*家ん中が散らかっていてスミマセン・・・

みんなで順番にレゴを乗せていっただけですが、子供たちは今妙にはまっています。

最後はボウリングみたいにボールを塔に向かって投げて、誰が倒すか、と3人争っています。

まぁ勝つのはダリダリやけれど。

こんなところでもチッチョーネの違いが見れておもしろい。

1枚目の写真を見てもらったらわかるように、パパが崩れないようにレゴ塔を支えてるんやけど、だんだん塔が高くなっていってチッチョーネの背ではレゴを乗せるのが無理になってくると、亜衣里は届かなくても背伸びして乗せようとする。でも無理やからイィィ~となってきて私に「このレゴのっけてー」と怒りながら頼む。

でも亜梨紗はすぐさま座っているパパの足の上に乗ってパッパとレゴを乗せとった。

双子育児、なかなかおもしろいです。(しんどいこともごっついあるけどさ・・・)

鳥さん。

週末、ダンナの実家に行ってきました。

日曜日なんてめっちゃええお天気で、日中は半袖でも過ごせたほど。

みんな太陽求めてか、アスコーナは観光客で賑わっておりました。

ダリダリはおじいちゃんとカフェ&公園、うちら夫婦とチッチョーネは湖沿いを散歩したんやけど、チッチョーネはあひるに白鳥、そして私がこの世で一番苦手な鳩まで大好きらしく、ずーっと眺めておりました。

湖におる鳥さんたちはともかく、鳩をおっかけるのだけはやめて欲しかった・・・

しかも帰り際、鳥さんたちに向かってでかい声で

「ガーガー、バイバーイ」←ガーガーはあひるのこと。

「ハトさん、またねー」

「こんにちわー、またねー」

などなどずっと挨拶をしており、バイバイ言い出してから、いったいどれぐらい時間経ってるねんと言いたくなるほど、丁寧に挨拶されておりました。

ちょっとハードやったけど気分転換にはなったかな。

週末20度を越すお天気やったっちゅーのに、今日のチューリッヒはチラっと雪も降り、明日なんて最高気温2度やねんて・・・

春ーよこい、はーやくこーい♪

たつのおしごと??

これは亜梨紗語で

「たつのおとしご」

のことです。

昔はこれを「たつのおしっこ!」と発音してましたが、最近はおしっこからおしごとに変わりました。

ゆっくり言えば「おとしご」と言えるのに、早く言うとどーしても言えない、このおとしご・・・

あと「PIMPA」という犬の物語がウチにあるんですけど、彼女はどーしても「ピンパ」と言えず「ピンポン」と言います。

なんでなんやろ・・・まぁええねんけどね。

久々ツーショット。

CIMG3162.jpg

じゃんっ!
久しぶりに上手く撮れました

二人が着ているベスト、「A」って描いてあるんですけど、わかりますか?

これ、お友達の服やねんけど、偶然にも亜衣里と亜梨紗の「A」で嬉しい母。

彼女たちもお気に入り。しかしちょっと小さくなり始めた・・・この冬で終わりだなー。淋しい・・・

CIMG3156.jpg

そしてこれは、ダリダリのお兄ちゃんぶりを撮ったもの。わかりますか?

亜梨紗に脱げた靴を履かせてあげてるところなんです。

もっちろん、ケンカもよぉぉぉーくするけれど、こういうお兄ちゃんっぽいところも増えてきたのだ。

ところで今年はうるう年やったねぇ。

素敵な週末をお過ごしください。

我らは明日、あさってと太陽求めてロカルノに行ってきます。
(天気予報では今週末、チューリッヒは悪いんだって)

HOME

 プロフィール 

pesca

Author:pesca
家族構成
・パパ(スイス生まれのイタリア人)
・ママ
・ダリダリ 7歳
・チッチョーネ 亜衣里&亜梨紗 4歳
今はスイスに住んでいます。
*チッチョーネとはイタリア語で「太っちょ」という意味

 最近の記事 
 最近のコメント 
 FC2ブログランキング 

ランキングに参加しています。ポチっと一押し、よろしくお願いします!

FC2ブログランキング

 カレンダー 

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 月別アーカイブ 
 カテゴリー 
 リンク 
 ブログ内検索 

 ブロとも申請フォーム 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。