Three Ducks in Switzerland

7才&ツインズ4才とのドタバタな様子をスイスから発信。たまーにスイス情報も。お友達募集中。Benvenuto!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティチーノでバケーション。

幼稚園が始まる前の先週一週間は、バケーション(ってダンナと義両親は言うてるけど)という名目で
ティチーノはロカルノ周辺に行ってました。

今回は休暇用のアパートを借りての滞在。

そしてわりといろんな所に行ってきました。その中で私が良かったと思ったのは

Val Bavona(ヴァル バボーナ)というロカルノから車で45分ほど走った所にある村です。

ロカルノやアスコーナもいいとこだとは思うけど、やっぱりどこかツーリスト的なとこがあって、それと比べるとここは自然いっぱいで、昔ながらの建物が並んでいて、久しぶりにティチーノっていい所やなぁと思えました。

CIMG4109.jpg
CIMG4112.jpg
CIMG4113.jpg
CIMG4127.jpg
CIMG4137.jpg
CIMG4142.jpg
このようにこの辺りは石でできた家が多いのです。

この村はもうこれ以上開拓するのを禁止されてるそうです。
そしてここは電気が通っていないらしい
人々は夏の間だけここで暮らし、冬になると下の方に降りていくそうです。知らなかった・・・ってかたった街から45分ほどでそれほどの田舎になるとは、ちょっと驚き。

そしてお昼はこの村にある唯一のグロットでご飯CIMG4126.jpg
これは私とダンナが注文してもので、豚のすね肉の煮込みとポレンタと言ってとうもろこしの粉を挽いたもの。
ポレンタ、基本的に嫌いな私やけど、ここのはまぁいけました、というのもこのポレンタは昔ながらの調理法で作られてるらしく、めっちゃ香ばしくて、お肉のソースにつけて食べるとおいしかったです。

子供たちにはソーセージを注文したんやけどこれはちょっと失敗で、野性味溢れる味で、少し食べる分にはおいしいかもしれんけど、私や子供たちにはちとキツかった・・・

グロットはティチーノにある独特のレストラン?(でええんかな)で、たいていは夏のみの営業らしい。

今回はここの他、あと2箇所行ったけれど、どちらもおいしかった

一箇所はダンナの友達たちと一緒にロカルノから車で10分もかからない村にて。
ここは↑のよりもメニューが多くて、シンプルだけどおいしい♪私はきのこのリゾットを食べたよん。(やはり数日パスタ・肉が続くとお米が恋しい)
ここで飲んだ地元ワインがすんごいおいしかった!(←その分お値段も良かったらしいが)

もう一箇所はルガノ近くのフォックスタウンと言ってアウトレットのお店がずらりとある町のはずれのグロット。ここは偶然入ったけれど、グリルのお肉がおいしかった

もしティチーノに行くことがあれば是非グロット行ってみてくださーい。
(何気にグロット好きな私)

CIMG4085.jpg
滞在中、ダリダリの要望によりみんなで一緒にハンバーグを作る。
それぞれに半分ほどこねた状態のミンチを渡し、そこから各自また捏ねて成型して・・・
ってこれってハンバーグか!?ミートボールにもなってへんやんっ!ってな代物がたくさん出来上がりましたが、そのまま焼いてみんなで食べました。
さすがにいくらダリダリが不器用とはいえ、一番上手に成型していたな。

そういえばダリダリに「今回のティチーノで一番楽しかったことは?」の質問に
「ハンバーグを作ったこと!」って即答してくれました。

ハンバーグかいなっと思いつつも、お友達の話を聞いてからずっと作りたかったから念願叶って嬉しかったんやなぁ。
CIMG4121.jpg
CIMG4122.jpg
新しい発見のあった今回のティチーノ滞在。

秋に栗拾いに行けたらなぁと思ってます。
スポンサーサイト

Barbapapa

ダリダリの誕生日の時にお友達から頂いた

「Barbapapa」・バーバパパ。

今、子供たちがハマっている絵本です。

お話も素敵だけど、なんといっても絵がむっちゃ可愛い~。この絵本を見ていると勝手に

「やっぱりヨーロッパの色使い♪」なんて思っています(笑)

頂いた本はドイツ語だったんだけど、私たちは二人ともドイツ語が母国語ではないので、ダンナはどうだかしらんけど、私はかーなーり発音に気をつけます、といっても気をつけたところで全然発音が良くなるわけでもないねんけどさ・・・(涙)どう頑張ったところで「R」と「L」の発音は一緒やし・・・ブツブツ・・・

あまりにも子供たちが好きなので、先日ダンナの実家に行った時にイタリア語のBarbapapaを数冊買ってきました。で、びっくりしたんが、ドイツ語バージョンとイタリア語バージョンとでは微妙に登場人物の名前が違っているってこと。名前、統一しといてほしい・・・

ほんまにこのバーバパパ、可愛くって、イタリア語できへんくせに私も子供たちに混じって一緒に読んでいます♪見てるだけで幸せ

そのうち全巻揃えたいと思っているワタシです。

今週。

今週は私の気分の浮き沈みが激しい一週間だった。
だからか今日は体はそうでもないんだけど、頭がすんごい疲れてます・・・(笑)

ダリダリ、幼稚園生活、彼なりに頑張っているようです。
二日目の日は迎えに行くと、

「今日な、ダリは泣かへんかった!」

と半べそかきながら言ってくれました。
直後に「あっでもこけて泣いてもーたけど・・・」やって。

そして三日目からは朝、別れる時いつもハグしてるねんけど、その後

「じゃあママ、バイバイ!ダリ、行くなー」

って部屋に入って行った時は、彼がなんとたくましく思えたことか(←ちょっと親バカはいってるけど)

彼の話や様子を見ていると、幼稚園に行くのがまったくイヤっていうんではない感じで、でも彼なりにすんごいガンバッているのではないかと思うのです。

だってね、明日・あさってお休みだよって言うと

「そっかー。ヨカッタ。ダリはやっぱりママといつも一緒に居たいなぁ・・・」

って泣けるようなセリフを言ってくれるではありませんかっ
健気なダリダリ見てると、私ももっとガンバロウって気持ちになります。
息子が新しい世界で一生懸命やってるねんもんね。親の私もしっかりしなきゃなぁ。

そしてチッチョーネは言うと、彼女達もすっかり幼稚園ルートを覚え、毎日めっちゃ張り切って送り迎えしてくれてマス・・・
ずいぶんマシになったけど、相変わらずダリと一緒に部屋に入っていきたくてさー。必ず一度はギャアと泣き叫んでいるような・・・(汗)

でもすごいことに、午前中ダリの居ない生活を送っていると、二人のケンカ率は非常に低いっ!
三人家に居ると、絶えず誰かが泣き叫んでいるけれど、二人だけやと泣く頻度が全然違ってさー。
これは予想外の嬉しかったことですね

今週は始めに書いたように癪に障ることが何度かあったんやけど、その分嬉しかったこと・楽しかったことも多い一週間でした。

とり合えず今週の大イベントだった、ダリダリ幼稚園生活、なんとか無事に終了。
週末はみんなで何か楽しいことしようね。

今日、幼稚園に入園しました。

ダリダリ、今日から幼稚園に通い始めました。

周りのお友達は先週から始まっているけれど、私たちが住んでいる地域は今日からスタート。

今までの様子から期待と不安が入り混じってはいたけれど、みんな幼稚園に行くし、しかも近所のお友達も一緒というのもあって、期待の方が勝っていた印象やった。だって

「ダリ、もうすぐ幼稚園行くねん!」
「××くんと同じ幼稚園やねんなぁ」

とよく嬉しそうに話していてくれてたんでねー。

だけど昨夜寝る前にポツリと

「ダリ、やっぱりママと一緒が一番いい・・・」

と言ったので直前にしてやはりめっちゃ不安になってきたんかなぁとちょっぴり心配しとった私。

でも今朝目覚めも良く、機嫌良かったからホッと一安心。

そしてお友達と一緒に幼稚園に到着。
色々説明を受けて、30分ほど親たちも参観することに。

この時、私の予感的中で、かーなーり前から言い含ませとったにも関わらずやはり亜梨紗が

「アリサもあそこのイスに座るっーーー!!!」

と園児たちの席を指差し大号泣幸い亜衣里は比較的大人しかったから助かったものの、ダリダリと共に幼稚園に参加したくてたまらへん亜梨紗嬢であります・・・

ダリダリはと言うと、名前を聞かれたら答えていたし、ゲームも理解して参加していたので

「あぁヨカッタ・ヨカッタ」と思っていた直後、いきなり大声で

「ママぁ、ダリはママと居たいぃぃ・・・」

とベソをかき始めるではありませんか・・・

ビックリと同時に不謹慎かもしれんけど可愛いやっちゃなぁと思って。そうやんね、初めての幼稚園、初めての先生・お友達、何でもが初めてで急にいっぱい不安になってもたんよね。

落ち着かせた後は一応親はサイナラやったので、私たちはいったん幼稚園を去りました。(でもまたすぐに迎えに行かなアカンかってんけどさ・・・)

その後は泣きもせず過ごしたみたいです。

でも帰ってくるなり、「ダリ、やっぱり幼稚園行きたくないなぁー。ママとずっと一緒に居たい」って何度も言ってました。いつまでこんな可愛いセリフを言うてくれるんやろねー。
だって男の子ってもうちょっと大きくなったら母親となんて恥ずかしくて話なんてしてられっかーってなりそうじゃない??

そのうち楽しいと思える幼稚園生活になってくれたらなぁと思います。
そのためにも彼のことをきちんとサポートしてあげたい。

今日はよく頑張ったね。
そして明日からも楽しくガンバッテいこうね。
CIMG4188.jpg
CIMG4189.jpg
↑幼稚園行く気満々のお二方。



卒業。

先日、ダリダリが1歳の頃から通っていた(ただし中1年ほど行ってへんかったけど)日本人中心のプレイグループを卒業しました。

ダリダリは25日から幼稚園が始まるんやけど、お友達の中には来週から始まる人たちも多くて、なので先日一応「卒業」ということになりました。

話逸れるけど、ここは同じチューリッヒ州でも地区によって幼稚園や学校の始まる日にちが違うんです。日本人の私は初めてこのことを聞いた時、ビックリしたっすなんで違うねん・・・

このプレイグループに通ったのは良かったなぁ~。おかげでダリダリは素敵なお友達に出会えたし、親の私も素敵な人たちと仲良くなれたし、ハッピーな時間でした。

それに昔はまったく興味のなかった工作が、今では相変わらず簡単なことしか出来ないけれど、それでも自分でやるようになったもんねぇ。
あと読み聞かせ。これも通い始めた当初は知らんぷりやったのが、今は興味を持ってお話を聞くようになったことも嬉しかったなぁ。本が好きになってくれたのは、ここのお陰だと思ってるので。やっぱりみんなで一緒に聞くのが、ある時から楽しくなったんだよね、そしてそこからお話に興味を持ってくれるようになってさー。
超感慨深い。(←今、書きながらかなりじーんとキテいる)

お友達とも仲良く遊んていたと思いきや、ケンカして泣かせたり、泣かされたり・・・。

いろんなことを学んだように思います。

このグループでの出来事が彼の中で素敵な「思い出」となってくれたらめちゃ嬉しいねぇ。CIMG4024.jpg
卒業作品。ダリダリ手形入りうちわ。裏面は絵?が描いてあります。

CIMG4029.jpg
人のバギーに我が物顔で寛いで座り込んでいるアイリ。
CIMG4049.jpg
真剣そのものっ。
CIMG4059.jpg

CIMG4067.jpg
↑全然関係ないけど、今日私用でLuzernという、チューリッヒから電車で1時間弱南の方に走ったところにある街に行ってきました。
上の写真は有名なカペル橋。そして下のは橋を歩いていると上に見える絵たちです。



オリンピックはやはり燃えますっ。

オリンピック、日本がんばってるよねー嬉しい・嬉しいっ!

なかなかリアルタイムに見たいのんが見られへん今回のオリンピック、朝起きてまずネットで結果チェックしております。

んで、私は今日どーしても北島選手の試合が見たかったわけ。

どっかでハイライトやってへんかなぁ~と思いながらTV付けるもいつもカヌーやったり、バスケやったりで、せめて野球映してくれへんかいなとか思いつつ、水泳をタイミング悪く見逃していたところ、今日の夜、ダンナがあと1分早くチャンネルを変えてくれとったら見れたはずの北島選手200m決勝。
時すでに遅しで、試合がちょうど終わってガッツポーズしててさっ、あぁ、ダンナに腹立てても仕方ないと思いつつ、今回久しぶりに意味なく恨んでみた

しばらくむすぅーぶぅーとしながらご飯の後片付けしとったワタシやったけど、急にダンナが

「Pescaぁぁぁ、おーい、早く早く~

と叫ぶので行ってみると、水泳の試合が放送されてるぅ~しかもこれから北島選手の決勝戦

あ~見れて良かったシアワセ・シアワセ。

そしてその後も後片付けそっちのけで水泳の試合を見ていました。

オリンピックってやっぱりいろんなドラマがあってほんまに感動すること多く、めちゃ涙腺弱くなります。
もちろん日本を応援しているけれど、他の国の選手も応援してしまいます。

だってこの日の為にみーんな4年間練習してきたもんねー。大舞台に立てるだけでも凄いし素晴らしいっ。

今日テニス、フェデラー負けてもーた。
それからマラソン野口選手の欠場も残念。

残りのオリンピックも楽しむぞっ。燃えるぞっ。

束の間、子育てそっちのけでオリンピックに燃えているPescaです。

子供たちもワケ分からんと思うんやけど私が「がんばれーニッポン、いけーっ!」なんて応援していると側で彼らも「ニッポンー」って叫んでいて、なかなか微笑ましい。

感激の再会。

あーもうむっちゃ信じられへん・・・。

すんごい頑張って書いたブログ、あと写真載せたら終ーわり♪ってとこで、どこでどうなったんか、さっぱりわからへんねんけど、消されてしまった・・・
ってか私がどっか変なとこクリックして消してしまったんやろうけど。

うそやん・・・っ今も書きながら呟いているワタクシです。相当ショックかも。文章、長かった分余計ね・・・

そんなショックに打ちひしがられてる最中ですが、書きますよ引き続き、んで今回何が書きたかったかっていうと、

6年ぶりに大学時代の同級生で、現在ドイツ在住のKちゃんがバーゼルに来るってんで、今度は3人ダックス連れてまたまたバーゼルに行ってきたのよーっていうこと。

いや~一番ママになりえなさそうだった彼女が、一児の母となっていてビックリ
しかもええママしてるし。まだ1歳にならない彼女の子供がめっちゃ可愛くて可愛くて

あぁでもダメだ、ショックから立ち直れていない今、これ以上は書ケナイ・・・

せっかくのKちゃんとの再会で、どんだけ感激したかって書いたのにぃぃぃ。
バーゼルの街のこともちょっとガンバッテ書いてみたりしてたのにぃぃぃ。

あかんわ・・・

また気分が直ったら書きます。ではおやすみなさい。
CIMG3976.jpg
CIMG3978.jpg
CIMG3979.jpg
↑これはバーゼル市のマーク。バーゼルはバーゼル市とバーゼルランド州と言って二つに別れているんだけど、バーゼルランド州のはたしかこのマークの上のくるんとしたのが右向きで、色も黒じゃなくて赤のハズ。チューリッヒ州は旗の半分白・青ってのだからそれから比べればバーゼルのはなんとも可愛い♪
CIMG3986.jpg

息子からの一言。

私たちが住むスイス・チューリッヒはスイスジャーマンと言って訛りのあるドイツ語を話します。

5年以上住んでるのに、いまだスイスジャーマン、自慢じゃないけど全然わっかりましぇーん。

せいぜい標準ドイツ語かスイスドイツ語かの違いがわかるっていうぐらいかね。(←開き直り)

で、たまに電話でアンケートだかなんだか知らないけれど、ぶわぁーとスイスジャーマンで話しかけてこられることがあり、そんな時は

「すみません、標準ドイツ語で話して頂けませんか?」

とお願いする。

そういうやり取りをよく耳にするからか、先日ダリダリってば突然

「ママぁ、ダリはな、シュヴィッアードイチュ(スイスジャーマンのこと)話せるねん、でもママはわからへんのやろ?ママはホッホドイチュ(標準ドイツ語のこと)しかわからへんのよな、ダリはどっちもわかるねん、すごいやろ~」

すごいよ、すごいよ、息子どの。

でもほんまに最近のダリダリは以前よりドイツ語を話すのが恥ずかしくないようで、たまに私も耳にします。(←昔は私の前ではものすごくドイツ語を話すのを嫌がった)
もちろん他の子供たちに比べればまだまだだけど、でも結構ちゃんと文章言ってんのよねぇ~。
いつの間にこんなに話せるようになったのかと思うと、子供の頭の柔軟さの凄さに驚かされます。
もうすぐ幼稚園が始まるけれど、そうなるとグゥゥーッとドイツ語が上達するんだろうなぁ。

まっこれからも頑張っておくれやす。将来は通訳してな。母は期待してるよん。


お兄ちゃんはがんばっているのだっ。

CIMG3950.jpg
CIMG3951.jpg
これ、顔が映っていないのでわかりませんが、上の写真はアイリ、下の写真はアリサをおんぶしようと試みているところです。

亜衣里は上手にダリにのっかるねんけど、ダリ曰く

「やっぱりアイリは重いなぁ

とすぐにダウンしてました(苦笑)

亜梨紗はというと、私やダンナには上手にサルみたく背中にのっかるくせに、ダリにはなーんか上手くできへんかったんよね。なのでダリ、おんぶ断念。写真で見ると体勢はここまではいいんだけど、いざ足を離すとなると怖いのか片足しか足を離さず。

たまにはお兄ちゃんもこうやって、妹たちのためにがんばってみるのです。

ガンバレ、お兄ちゃん

再会と別れとバーベキュー。

CIMG3913.jpg
実は土曜日なんと一人で↑に行ってきました~。

いや~一人で行くなんて感動・感激

チューリッヒ~バーセルまでは1時間ほどやけど、なんて早かったことか(感激の涙)

うたた寝したり、本を読んだりしていたら、本当に「あっ」という間に着いたよ。

今回の目的は、友人たちとの実に5~6年ぶりの再会&バーベキュー。

私がバーゼルに住んでいた頃も彼らたちとは普通に仲が良かったけれど、なんていうか、私自身毎日の生活に必死っていうこともあったし、ドイツ語に対しても全然自信がなかったし(ってそれは今も変わらずやけど)どこかでみんなと一線を引いていたように思う。

だけど今回久しぶりだからかなぁ~。お互い

「どーしてたの?」
「えぇ!Pesca子供3人いて、ちゃんと育てられてんの?」(←失礼なっ)
「○○、結婚したって~?」
「(長年付き合っていた彼女と)別れたんだ・・・」

他にも映画のような?大恋愛の話やら、ロシア語習うためにロシアに行って凄かった話しとか、あとは当時は知らなかったみんなの一面やら・・・もう本当に色々な話をみんなでして、ゲラゲラ笑ってめっちゃ楽しい一夜でした。

あの頃はみんなそれほどお金も無かった・・・ってこともあるけど、もっと一緒に飲み会すれば良かったねー、残念~、でもまたこうやって時々集まろう!って言いながらお家に帰ってきました。

3人の子供たちに振り回されっぱなしの毎日で心身とも疲れ果てていたけれど、このバーゼルで少し精神面がリフレッシュされたなぁ。パパさん、ありがとう。(←ちなみにダンナはこの日大変だったらしい・・・)

そして日曜日、友人一家とまたまたバーベキュー。

この日は子供たちもめっちゃエンジョイしたよん。

そして7月31日誕生日やったダンナにこの友達家族は小さなサプライズも用意してくれてました。
今年はいっぱいハッピバースデー~♪を歌ってもらったねぇ、ダンナさん。良かったねぇ(ってな歳でもないかっ)

そして今日は寂しいことに、ダリダリのお友達家族がダンナ様の転勤によりスイスを去りました。
でも予定では2年後に戻ってくるらしいから、本当にそうなってくれたらいいなぁ~と思ってマス。
だけど戻ってくる、と思っていてもバイバイする時はめっちゃ寂しかったなぁ・・・だってしばらく会われへんもんなぁ・・・
空港のパスポートコントロールの場所、私は苦手。何度あそこで泣いたことか・・・

出会いがあれば別れがあって、また別れがあったら再会もあるわけで、嬉しい・淋しいが入り混じったこの数日です。
でもまたみんなに会えるように、元気で体に気をつけて、そして子供たちにいっぱい愛情注いで生きていこうと思いました。(←なんか急にマジメ)

明日もまたガンバロウっと♪
CIMG3941.jpg

CIMG3943.jpg

この先を行けば。

CIMG3922.jpg
あそこを越えればおフランスぅ~ボンジュール!

行きたいなぁ(←かなり本気で行きたい)

でもここ、「ここからフランスです」って雰囲気、全く無いと思いません?
「フランスになりますけど?」って感じよねーって私だけかな、そう思うんは。

まぁ駅構内だから仕方ないんかもしれんけど・・・。

行きたいっす。フランス。

花火。

昨日はダンナさんのお誕生日
そして今日はスイスの建国記念日=休日=3連休。

ダンナは本当は今日はお天気さえ良ければ気分転換に軽いハイキングに行きたがってたんだけど生憎の空模様で中止。

で、結局一日家で夫婦揃ってグータラグータラ(オイオイ、またかよって感じやけど・・・

最近のお天気のせいと、子育て疲れかなんかしらんけど、ほんまここんとこいつも以上に疲れやすくてですね、学生時代のごとく、なんぼでも寝れるpescaであります。

さて本日の建国記念日。
この日はいろんなところで花火が打ち上げられています。

昼間どこにも行かなかったので、夕方やっと雨があがったこともあり、夕飯後、お散歩に出かけたところ、花火をしている近くを通った時子供たち、冷たい視線を送りながら

「もう、めっちゃうるさいなぁー」

とブツブツ。

だけどな、あんたの叫び声の方がなんぼかうるさいっちゅーねん(笑)

しかし打ち上げ花火がちゃんと見えた途端、みんな目をキラキラさせて

「きれいなぁ~

(ってどっちやねんっ!)

その後、家に帰ってきてからも一番良く見えるところで、眠いまぶたをこすりながらもしばらく頑張って花火を観てたよー。

あ~日本の花火大会に連れて行ってあげたいなぁと思った一夜でした。
やっぱり日本のは綺麗もんねぇ。

もう8月やねぇ。
幼稚園生活まで1ヶ月きったなぁー。

明日は土曜日。久しぶりに買出しに行かなければ(汗)
では素敵な週末をお過ごし下さい。

HOME

 プロフィール 

pesca

Author:pesca
家族構成
・パパ(スイス生まれのイタリア人)
・ママ
・ダリダリ 7歳
・チッチョーネ 亜衣里&亜梨紗 4歳
今はスイスに住んでいます。
*チッチョーネとはイタリア語で「太っちょ」という意味

 最近の記事 
 最近のコメント 
 FC2ブログランキング 

ランキングに参加しています。ポチっと一押し、よろしくお願いします!

FC2ブログランキング

 カレンダー 

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

 月別アーカイブ 
 カテゴリー 
 リンク 
 ブログ内検索 

 ブロとも申請フォーム 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。