Three Ducks in Switzerland

7才&ツインズ4才とのドタバタな様子をスイスから発信。たまーにスイス情報も。お友達募集中。Benvenuto!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こだま。

今日日本に居る母に電話をした。
んでちょっとびっくりしたのが、実は母はおとついからお友達とツアーで「鎌倉&横浜への旅」なるものに行ってたんだけど、行き帰りの新幹線、どちらも

こだま

だったんやって。へぇー。

この夏日本に帰った時に、ずいぶん「のぞみ」の本数が増えているのにびっくらこいた私やった。
昔は1時間に1本やったのにぃ。しかも特別料金取られたから、昔はもっぱら「ひかり」で帰っとったよな。だけど今では格安で「のぞみ」の切符が買える時代やねんもん。時代は変わったさ・・・

と、これだけ「のぞみ」が増えた世の中やのに、ツアーとはいえ乗り換えなしで「こだま」一本で大阪から横浜の方まで行くんやぁ~、なんかスゴイわ~と変なとこで感心した私。
ね?なんかすごくない?(そんなことない?)
めっちゃレアなツアーの様に思うのは私だけ?

母曰く
「いろんなとこで、横からビュンビュン抜かされていっとったわ」やって。
まっそーやろうなぁ。

いやーなんだか妙に印象に残った母の「鎌倉&横浜への旅」

私の中ではすんごい忘れられていた新幹線「こだま」

次回はこだま、乗ってみよう。(って東京までは行かへんけど)
スポンサーサイト

泣かなかったよ。

今ね、ダンナが「硫黄島からの手紙」見ていてね、イーストウッド監督だから勝手にセリフは英語かと思っていたら日本語だったから、本来ならスイスで日本語で映画が観れるなんて万・万歳ってなとこだけど、私、あかんのよねぇ、戦争もんの映画。もう悲しくって観ていられない。本当ならちゃんと観るべきなんだろうけど、もうあかんの。めっちゃ怖いしめっちゃ悲しい。特に子供が産まれてからは本当にあかん・・・。
昨日は前編の「父親たちの星条旗」が放送されていて、最後だけでちょっと見たんだけど、これも可哀想できちんと観れなかった・・・。
ダンナは横で「カワイソウ・・・」と呟きながらも、ちゃんと観てる。すごいよなぁ。
私個人的にはイーストウッド監督の作品は好きなので、この硫黄島も悲惨なんだけど、すごく心に残るように撮られていると思うのだけど、だけどあかん・・・。自決シーン見ただけど、卒倒しそうになったワタシです・・・。

さてさて話変わって。
今日はちょっぴり忘れていたチッチョーネの4歳児検診に行ってきました。
順調に育っているとのこと。(まぁ体見ればわかるよね)ヨカッタヨカッタ。
大泣きを予想していた予防接種も、脅しの甲斐あってかっていうのは冗談だけど、先生が上手くやってくれたこともあって泣かずに済んだ

4歳になって周りの友達には「ずいぶんラクになったじゃなーい」って言われるけど、たしかに、ラクになった部分はあるけど、でも相変わらず手がかかる部分ってかヒドクなってる部分もあんのよー。

だけど、これからも母を(ほどほどに)悩ませつつも元気に育っていっておくれね。

虫さん、あめちゃん食べる。

おとついの日、アイリが破れたあめちゃんの袋(←日本のあめちゃんで、1個ずつ個別包装されているやつ)を私んとこに持ってきて

「あんな、あめちゃんの袋がな、勝手に破れてもーてん」

って言うではないですか。はぁって思って袋を見てみると中身のあめちゃんがない!

「んで、中にあったあめちゃんはどこに行ったん?」

って聞くと、しばらく考え込むアイリ、

「あんな、虫さんが食べてん。アイリ、虫さんが食べるとこちゃんと見たよ、ほんまに虫さんが食べてん」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本来なら注意すべきとこなのかもしらへんけど、予想外の答えにワタシ、笑ってしまいました・・・。

それからもアイリに怒らないから本当のこと教えてって言うと、「ママ、ほんまに怒らへん?」と念を押してきたので「うん、怒らへんで」って言うとボソッと

アリサが食べた

ここでも嘘つくかー!ともう呆れ果てたワタシでした。だってアリサはずっと部屋で遊んどったやん!信じられへん・・・。

で思い出したけど、前回はソファにペンで落書きしたアイリが、「これはアイリちゃうよ、ダリちゃんが書いた」って言うし・・・
めっちゃ可哀想なダリダリ。彼にしてみれば「」な感じでした。(何もしていないにも関わらず怒られると一瞬思ったらしい、ほんま可哀想に)

ダリダリにはありへんことやわー。こんなんこと。スゴイよなぁ。
ってか私も女の子やったけど、小さい時、こんなウソはつかんへんかったで。
ちょっと怖いよ、おかあちゃんは・・・。

アリサは今んとこアイリほどひどくないねんけど、でもね、今日晩ご飯の後、てっきり子供たちはみんなで部屋で遊んでいるもんやと思っていたならば、なーんとアリサは机の下に隠れてこんなことしてました↓。
CIMG5379.jpg
口の周り、舌、すんごい水色っ!

今日、ダリダリはお友達のお誕生日会に行っていて、お土産に駄菓子をもらったんだけど、それを盗んだアリサ。
ダリダリはちゃんと私の言うこと聞いて、後日食べることを楽しみにしていたのに、こんなことされてほんまに可哀想だー

ダリダリはダリダリで難しいところはあるけれど、でもウソはつかない。チッチョーネに比べたら超ピュアに見えるわー。

こんなにウソつかれると笑い話じゃなくなってくるよなあ・・・。
ほんま、女の子ってスゴイわ。
CIMG5358.jpg   CIMG5356.jpg

007の舞台にもなったダム。

ティチーノから戻ってきてからというもの、チューリッヒ、もうすんごい寒いのだー
朝なんてほんっとに1月みたいな寒さでさー。完全に真冬スタイルっすよ。帽子かぶらないと冗談じゃなくて耳が痛くなってくんのだ。さすがに昼間はそこまではならないんだけど、でも秋はもう終わっちったのかい・・・?

そーいえばこないだの土曜日、ティチーノから戻ってくる途中、すんごい長ーい17kmもあるトンネルを走るんだけど、そこを抜けた後は吹雪いてたな。ほんまに。
CIMG5354.jpg
撮り方悪いですが、雪、わかりますかー?

さて今回のロカルノ滞在、イタリアの代わりにロカルノから車でちょっと行ったとこにあるヴァレ・ベルザスカというところに行ってきました。

ここに行く途中、巨大ダムがあるんだけど、なんとこのダムは007ゴールデンアイに映ってるのだ。一番最初のとこでボンドがダダダーッと走ってきてここのダムでバンジージャンプしてんだけど(ちなみにこの撮影ではスタントマンがしたらしい)そのダムがこれです↓
CIMG5290.jpg

ここは実際バンジージャンプができるんだって。私はまだしたことないけど。高いとこは平気だけど、さすがにこれは勇気がいる。

そしてそこからもうちょっと行くとこーんなに綺麗な川に出会えます。
CIMG5303.jpg   CIMG5299.jpg   CIMG5300.jpg

ここの水の色は本当に美しい。
橋も可愛いでしょう?

この辺りは昔ながらの石の家も残っていて、素敵なところです。
よくロカルノだけど、半分は義両親と過ごすから、行っているわりにはよく知らないんよねー。
結構広い州だから、まだまだ知らない所がいっぱいです。
私は湖周辺もいいけど、秋の山が意外と好きだな。今年は紅葉もキレイだった。

日本では全然有名じゃないティチーノ州だけど、スイスだからイタリアより整頓されているし、だけどイタリア気分は味わえるしで、いいとこだよ~。機会があれば足を延ばしてみてくださーい。

CIMG5263.jpg   CIMG5331.jpg






ディナー。

今回のティチーノ滞在中の水曜日は私の誕生日だったので、子供たちを義両親に預けてなんとダンナと二人でオトナの

ディナー

をしてきました。

直前までどこに行くか決めていなかったけど、ダンナの親友で超お金持ちの人がいて(見かけからはあんまり想像できないんだけど、ほんっっっとおぉぉぉぉぉにお金持ちらしい・・・はぁ、羨ましいのぉ)彼に教えてもらったレストランに行ってきました。
そこのシェフは料理番組に出演してことがあるらしくて、結構有名なんだって。

ロカルノから車で走らせること20分ほど。村というにも小さすぎる所だったけど、そこは車が禁止なので村の入り口からさらに5分ほど歩いたところにそのレストランはあります。

アラカルトはなく、メニューのみ。メインは他の物に変更することもできたけど、私たちはシェフのオススメメニューをチョイス。メインが小鹿ちゃんだったので、苦手な私はすっごい迷ったけれど、でも豚肉はいつでも食べれるしなー、ここはシェフ任せで行ってみよう!と勇気を振り絞っての小鹿ちゃん。

結果は、すっごーいおいしかった!
あんなおいしい小鹿ちゃんは初めて!(って今までに一度しか食べたことがないけど・・・)
今の時期、スイスでは鹿がよく出回っているんだけど、私はどーもアカンのよねぇ・・・。
自分では絶対調理しようって思わない食材。
だけど、あの小鹿ちゃんだったらもう一回食べたいっ!って思うほどおいしかったのです。

一緒にあったかぼちゃのリゾットもスッキリと洗練されたお味でめっちゃグーでした。
かぼちゃのリゾットなんて、普段は絶対食べないであろうと思われるダンナも
「このかぼちゃリゾットなら、また食べたい」
と言わせたほど

そして、そして、何よりスバラシかったのが、デザート
女心をよくわかってらっしゃるというか、いろんなものがちょこっとずつ出てきてねー。どれもすんごいおいしかったけど、中でもパンナコッタはゼラチンをギリギリのところまで抑えて作った感じで口の中でもうト~ロトロ
あのデザートはお母さんにも食べさせてあげたいなぁ~。

Al Pentolino
Verdasio(Centovalli)

夜のメニューは89フラン、チーズなしだと79フラン
ランチだともっと安く食べられると思います。

私の印象としてはグロットの要素を取り入れた、洗練されたイタリアンって感じかな。
でも友人の話だと、その時によってメニューが変わるらしくって、全然イタリアンじゃなく、アジアとの融合料理みたいなものもあるんだとか。何料理って聞かれると困るなぁ・・・って言ってました。

あぁ、あのデザート、思い出した今もまた食べたいっ

チッチョーネ、4歳になりました。

18日は亜衣里&亜梨紗の4歳のお誕生日でしたおめでと~。
この1年がケガなく(←これほんまに切実に願う)大きな病気もなく過ごせますように。

さてさて私たちは昨日、ロカルノから戻ってきました
先週からチューリッヒはごっつい寒くなったらしいけど、ティチーノの方もチューリッヒよりは気温が高いっていっても思ったほど暖かくなくって、私たちが借りていた休暇用アパートは少し高い所にあったため、朝なんてめっちゃ寒かった
予想外の寒さでわたしら、コートなんて持っていってなかったからブルブルしてたよ・・・。だってダンナがいっつもいっつもロカルノは暖かい、10月ならコートなんて絶対いらないって言い張るねんもん。

今回の滞在中のメインイベントは今日誕生日だった、チッチョーネの早めのバースデーパーティー。

あとは水曜日が私の誕生日やってんけど、この日はイタリアのルイノというとこでマーケットがあるってんで行こうってな予定になってたんだけどさ・・・。

以前イタリアに行くと予定を立てていたにも関わらず全員のパスポートを忘れたという前科のある私は、今回出発前に何度もダンナから

「パスポート持った?」

と聞かれ、その度チェックしては「大丈夫、持った、持った」と確認していた。

んで水曜日当日も案の定ダンナに「パスポート、オッケー?」って聞かれて、ええ加減うんざりしながらも「大丈夫、大丈夫」って確認しながら自分のパスポートをよく見てみると、

な、な、なんと、信じられないことに

古いパスポートを持ってきていた・・・

この夏、日本でパスポートを更新していたんだけど、そのこと、私としたことがすっかり忘れとったんよなぁ・・・。

二度あることは三度ある、っていうから、今度またイタリア行く時も忘れるかもしれんと思うとかなりヤダなぁ・・・。

お陰ですんごいイタリアのマーケットでの買物にランチにって楽しみにしていたのに、これらがすべて夢となってしまった

もうめっちゃ幸先のええ新しい年のスタートとなったことよ。トホホ。

とまぁ、こんなどんくさいことのしてしまいましたが、楽しいこともありーので、良い1週間を過ごしてきました。
また次回に旅行記事アップしたいと思います。

明日から幼稚園だ。早起きだ。ガンバレ、私と子供たち。

ミーハーであることはいいことです。

今日お昼に日本に居る父から電話がかかってきた。
私の父はお酒が入ると子供たちの声が聞きたくなるそうな。(って入ってなくっても聞きたいよね)

でも今日はシラフな声やったので「どうしたんかな~?」と思っていると

「今日はな、母さん家におらへんねん。○○さんとDAIGOのコンサートに出かけてるでー」
とのこと。
昨日母と電話で話した時はそんなこと、一言も言ってなかったぞっ。

夏に実家に居た時にお誘いがあったのは知っていたけど、だけどチケット取れないとか言ってなかったっけ??このDAIGOって人、オバサマにすんごい人気があるそうな。まだ若いんだよね!?

いやー、お母さんったらなかなかミーハーじゃないのっ。
またどうだったか感想教えてちょーだいね~。

さてさて私たちは明日から一週間、義両親んとこ→ティチーノはロカルノに行ってきます
ロカルノに行くのはなんと4ヶ月ぶりだー。
お天気も予報ではええ感じやし、おいしいもんいっぱい食べてきたいと思います、イシシッ
情報によると、今年は結構大きな栗があるらしい。これも楽しみ。
栗拾いは好きだけど、調理すんのはキライ

では更新はまた戻ってきてから~
いってきまーす♪


秋のピクニックと睡魔。

昨夜23時から、ちょっと前のアカデミー賞で助演女優賞にノミネートされた菊池凛子さんが出ている
「バベル」が放送されるから、絶対見るぞぉぉぉ~と思って子供たちさっさと寝かしつけ、自分もさっさと寝る準備だけはして、さぁもうすぐ始まります!ってな時に

抵抗できないほどのすんごい睡魔に襲われて、どれほど闘おうがまぶたは閉じる!閉じる!閉じるぅぅぅーーー!

ってな状況で最初の1分も見ないうちに撃沈

更に追い討ちをかけるように、全然見る気のなかったダンナがしっかりちゃっかりちゃんと見てやんのっ

1時過ぎに終わったらしいが、彼がベッドにやって来た時、一瞬私は起きたんやけど、その時にボソリと

「いやーおもしろかったよ。いい映画だったよ、バベル」

と悪魔のささやき。寝ぼけていたフリしながら

「どついたろか、アンタ」

と言ってやりました。あー、悔しいなぁー見たかったなぁ。フンっ。

で、夜型人間のハズの私がなぜ昨夜こんな早い時間に睡魔に襲われたかというと、

昨日はチューリッヒ、め~っちゃいいお天気で、日中は半袖でもO.K.ってなほどの秋晴れやってですねー、お友達と船に乗って島に行ってきたのだ
早起きしてお弁当の用意したもんだから、そんで疲れたらしいの、グスン。
CIMG5222.jpg   CIMG5226.jpg   CIMG5227.jpg
島はとても小さくて、ぶどう畑と教会とレストラン一つとで終わりってな感じで、ぐるっと周っても30分ほどで歩けるんじゃないかっていうぐらいの所で、もちろん公園もなーんにも無いけれど、子供ってスゴイね!何も無ければ無いで、色々な遊びを考えてそれはそれは楽しそうに遊んでいたよ!
それから栗がすーごい落ちてた(写真右)

私ものーんびり!?できて気持ちが良かった~!
CIMG5229.jpg   CIMG5230.jpg
↓このダリダリさ、たまたま前日お友達のお誕生日会やって、今年のテーマが「海賊」やったの。
グッズを少しもらってさ、船に乗るってんで自ら張り切ってこの姿。下のTシャツも海賊模様よん。
CIMG5220.jpg


CIMG5234.jpg
これはアリサ。みんな登っていたけどさー、見ている方はハラハラするねぇ・・・。
でも私も木登りとか好きな方だったので、気持ちは理解できる。
ちなみにアリサは木登り結構上手い。自分で
「アリサはサルやからね」って言うてはりますわ・・・。お願いやからケガせんといてなぁ。(←母の切なる願い)




秋を満喫中。

秋休みっていっても、今んとこ、普段と同じよーにバッタバタ過ごしているPescaです。
朝から3人、ケンカすんのはほんまにやめて頂きたい。ウルサイのよー、半端じゃなく

さて、こないだの土曜日、ワタクシ生まれて初めて

バレエ

なるものを観賞してきました。
ちょっと早いけど、ダンナからの今年の私の誕生日プレゼントでございます。
今回の演目はバレエの王道、「白鳥の湖」

いっやー、プリマドンナの人、すんばらしかった
同じ人間かい!?って思っちゃったっす・・・。

もちろん、他のダンサーの方たちも素晴らしいのだけど、やっぱりプリマドンナだけあって、「魅せる」の。この域に達するのってやはりスゴイよなぁ。
また機会があったら違う演目も観てみたいーと今からダンナに言ってマス。
でも次は久しぶりにオペラがいいかな、なーんて。(贅沢!?)

それにしてもこちらの人たちは、コンサートに行く時にはドレスアップして出かけていく人が多いんです。男性ならスーツにネクタイは当たり前、みたいな。女性も出演者ですか?みたいなドレスを着て聴きに来られている方も結構います。
日本だとここまでドレスアップしている人たちはいないんじゃないかな?
こういう光景を見ると、やはりクラシック音楽始め、オペラ・バレエって西洋文化なのだなと感じます。
目や耳の肥えている人たちも多いもんねー。

全然話違うけど、以前に実家の母と℡していた時に、塩鮭をフライパンで焼くけどイマイチ上手くいかないんよなぁ、なんて話をしていたら、今回の荷物の中に

きれいにはがせるホイル

っていうものが入っていて、これをフライパンに敷いて魚を焼くとくっつかずに上手く焼けるっていうものなんだけど、今日の夕飯にサバを焼く時使ってみたら、ほんとーにくっつかずにしかも皮めちゃめちゃええ感じにカリッと焼けて感動したのだー。

日本のものってほんとうに本当にスバラシイっすね。

ありがとねー、お母さん。そして日本の技術サマ。


感謝感激~♪

今日、日本からの荷物がやーっと届いた
やーっとって書いたのは、いつもだったらもう少し早く届くのに、今回はシルバーウイークに引っかかった為?かどうかしんないけど、なかなか届かなくてスイスの税関で掴まって何か盗られとったらどないしよ、なんて心配していただけに、無事に届いて何より

10月はチッチョーネと私の誕生日があって、今回の荷物はそうなのプレゼントが入ってたのさー
私のはリクエストしたTシャツがあって、それが届くのがすんごく楽しみやったの。へへ。

あとは子供たちにもたーくさんのものが入っていて、ほんまにいつもいつもありがとう!

そして妹よ、素敵なサプライズをありがとー
お姉ちゃんはめちゃめちゃ感激よん♪
それから↓のコメント、返事せーへんけど、ウケたからな、ちゃんと。またそんなネタあったら送ってや。

そう、うちら家族は(って特に女どもやけど)、人生においてほんまに超めちゃくちゃしょーもない・どーでもいいことをネタにして盛り上がります。ほんまそんなアホなことばっかり言うててどないするん?って感じやけど、スイスに嫁いで思ったのが、これがどんだけ私の人生に潤いを与えていてくれたことか・・・。

ダンナとはまずここまでアホな話せーへんし、できたところで、日本語ちゃうからドイツ語でそこまで上手く言われへんのよなぁ。それに笑うツボもちゃうし。
思うに、やっぱり日本人の笑いに対するセンスって世界でもかーなーりのレベルやと思うねんけど、みなさんはどう思いますか???

今日で幼稚園一旦お休み。2週間の秋休みに突入です。
2週間、少し寝坊ができるのは嬉しいなぁ~♪

そうそう、荷物の中に「崖の上のポニョ」が入ってました。
日本でも子供たちは見たけど、私はまだちゃんと見たことがないのですんごい楽しみー
ポーニョ、ポーニョ、魚の子~♪
では素敵な週末をお過ごし下さい。

HOME

 プロフィール 

pesca

Author:pesca
家族構成
・パパ(スイス生まれのイタリア人)
・ママ
・ダリダリ 7歳
・チッチョーネ 亜衣里&亜梨紗 4歳
今はスイスに住んでいます。
*チッチョーネとはイタリア語で「太っちょ」という意味

 最近の記事 
 最近のコメント 
 FC2ブログランキング 

ランキングに参加しています。ポチっと一押し、よろしくお願いします!

FC2ブログランキング

 カレンダー 

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 月別アーカイブ 
 カテゴリー 
 リンク 
 ブログ内検索 

 ブロとも申請フォーム 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。