Three Ducks in Switzerland

7才&ツインズ4才とのドタバタな様子をスイスから発信。たまーにスイス情報も。お友達募集中。Benvenuto!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新学期が始まって。

新学期が始まり一週間が経ちました。

やーっと午前中お一人様になれる私はこの日を待ち望みウキウキしていたんだけど・・・。

実際は先週はもうなんやかんやでバッタバタ、気が付けばお迎えの時間ーってんで幼稚園までダッシュ、ダッシュしてました。

今週も何ってことなくバタバタしそうな感じで、再来週あたりからようやくお一人様時間を堪能できるかしら?と今からめちゃくちゃ期待しているアタシであります。

子供たちはというと、3人とも

めっちゃ楽しい~♪

なんてことは言わない我が家の子供たちでありますが、思っていたよりは順調なスタートを切ったように思います。

特に!亜衣里はどうなることかとヒヤヒヤしていたけど、今んとこ泣いてへんし、亜梨紗が初日ちょこっと泣いたけど後は頑張って通っているし、ダリダリは

「幼稚園の方が遊べてええな、学校は勉強せなあかんからイヤやな」

とぶーたれとおりますが、嫌がらず朝もすんなりと登校してくれています。

ダリダリのクラスは月曜日から木曜日まで毎日プリント一枚分の宿題がでて、これがねー、難しくはないねんけど、不器用なダリダリには時間が意外にかかんのよねぇ。
あと週2回午後も授業があります。

んでもってダリダリの時は結局通わなかったドイツ語コースが、あいりちゃんとありさちゃんは早速通うことになり、週一午後50分のドイツ語教室を受けています。

ちょっと大変やけど、でも言葉を早く覚えられるからいいかなーと。

こんな感じで以前に増して益々地元密着生活を送っているPesca一家です。

明日からの一週間が子供たちにとって先週よりちょっとでも楽しくなるといいなぁ。
スポンサーサイト

無事に入学&入園しましたっ。

CIMG6475.jpg
月曜日にダリダリは小学校に、チッチョーネは幼稚園にそれぞれ入学&入園しました♪

こっちは卒園の時もそうだったように、入学式なんてもんもなく、フツーに、ほんまフツーにスタートしました。まるで以前から通っていたかのような感じ!?

そしてダリダリの通学カバン、わたしゃあスイスに来た当初は

なんじゃこのスゴイかばんは??

とびっくりしたんやけど、じゃんっ↓
CIMG6479.jpg

ねっ?ねっ?なんかすごくない?
ランドセル文化から来た人間としましては、かのカラフルなカバン(ダリダリのなんてまだ地味な方っすよ)はまぁ驚きですた・・・。

CIMG6480.jpg  CIMG6482.jpg   CIMG6483.jpg

最後に前歯の抜けたダリダリ。
CIMG6451.jpg

もうすぐ夏休み終わり。

来週から新学期が始まるチューリッヒです。

なのにっ!

私ってばまだ何も用意していないことに気づいた・・・。

チッチョーネの幼稚園用に新しいカバンを買ったぐらいで、後はほんままだ何も用意してなかった。(汗)

明日、買物に行ってきます。

まだまだと思っていた新学期はもうすぐ目の前。

でもさー。新学期、こんな8月の途中から始める???

日本で生まれ育った私はやはり桜とともに新年度スタートっなのよねー。

楽しい小学校&幼稚園生活になってくれるといいなぁ。

旅の帰路にて。

イタリアからの帰り道、混雑が予想されたから少しでも渋滞を回避するためにはどのルートがいいだろうかと超悩んどったダンナ。ミラノ経由で帰るのが距離的には一番近いらしいけど、ミラノは大渋滞が予想されるだろってんで、どーしよー、こっちのルート?それともあれ?ってかーなーり長い間一人でお悩みでしたが、結局は行きと同じジェノバ経由で義両親がいるロカルノまで帰ってきました

余談ですが、私たちが居たアパートにはチューリッヒから来た~っていうファミリーが多かったのですが、この方たちの大半はですね、渋滞を避けるために夜中の2時に出発っていうのをされてました。我が家では考えられんこの出発時間。すごい・・・。

さてさてそんなイタリアからの帰り道、渋滞が予想されたジェノバ近辺やったけど思ったよりすんなりと走れ、これで心が大きくなったダンナさん。高速のどっかで軽くお昼を済ますハズが

「時間もできたことだし、旅の〆にレストラン行っとく?」

ってなことでわざわざ高速出て、しかも料金払う時にダンナってば

「あのーすみませんが、この近くでオススメのおいしーいレストランがあったら教えて下さい~」

って聞いてんのね。そしたら高速のおっちゃんボソっと

「○○○と×××。この二つのレストランは本当においしい」

と教えてくれて、おっちゃんオススメのレストランの一つに行ってきましたよっ!
町そのものはなんだかくたびれているような所で、お世辞にも「美しい」とは言えないとこやったから私ん中ではレストランに対してあんまり期待はしていなかったんやけど、これがなんのなんの。

おっちゃん、疑ったりしてごめんな。

もうめちゃくちゃおいしかったでございます、はい。

まずは見てくださいませ、このめーっちゃ長いグリッシーニ。
CIMG6394.jpg

前菜はビュッフェ式でいっろんなもにがあったんやけど、どれもこれもおいしくって、もう前菜でかなりお腹いっぱいになったほどやってんけど、あー思い出すとあの前菜ビュッフェ、また食べたいよぉ。
特にオススメはズッキーニのフリット。もうほんまカラッと揚がっていて全然油っこくない!
あと麦サラダにお米サラダもシンプルだけどいいお味でおいしかったなー。

そして私のメインはこちら。
CIMG6396.jpg
ジェノバといえばペスト・ジェノベーゼでしょうってんで頂きましたが、これまたまいうぅぅ~なのだ。
チッチョーネに頼んだボンゴレもチューリッヒでは見られない立派なボンゴレで(日本にあるのと同じ大きさ)これまたまいうぃ~でした。

旅の最後ってんでお腹がはちきれんばかりに食べたら、珍しく最後のデザートが欲しくなかった・・・。

またトスカーナとは少し違った感じやったなぁ。ジェノバもおいしかったなー。

ダンナの実家があるティチーノ地方(スイス・イタリア語圏)はイタリアに近いし食べ物はイタリアンと一緒やんって思っていたけれど、こうやって実際イタリアに滞在するとティチーノの食文化はまたイタリアとは違ったものがあると思った。ティチーノはティチーノでおいしいよ♪でも山の地域だから基本的には山の食材を使ったものが多いのじゃないかな?
あとワインだけは申し訳ないけど、イタリアの方がおいしい。

それから今回めっちゃ感動した食べ物の一つに、スーパーで買ったチェリートマトがある。
もうこれがほんまにめちゃくちゃ甘くて、あんまりにもおいしいから一度で一パックみんなで食べたほど。(ってこっちのだから結構な量があるんよ)
あんなおいしいトマト、初めてと言ってもいいほど甘くて味のあるトマトだった。
パッケージを見たらナポリ産だった。ナポリで食べたらもっとおいしいのかなぁ?
あのトマトで調理すれば、同じものでもここ(チューリッヒ)で食べるのと随分と味に差が出るやろうなぁ。

イタリア、ほんとおいしかった。

そしてイタリアは子供たちにも優しかった。

昔はなんでも「イタリアが一番っ!」と言い切る周りの人たちのせいか、私ん中では「フンっ、なんなのさ、なんでもイタリアーイタリアーって言ってさ」とほんのちょっと反イタリア精神を持ち合わせていた私やったけど、今回の旅ではイタリアが大好きになりました。

やっぱ人間おいしいもん食べると幸せになりますね♪(単純すぎ???)

イタリアの思い出、海編。

CIMG6366.jpg CIMG6370.jpg CIMG6364.jpg
一番右の写真は押し寄せてくる波と戯れている図。

今回滞在したイタリアはフォロニカは海に面した町。
ダンナは夏のバケーションというと

「海がいいっ!絶対海っ!」

と吠える人・・・。

わたしゃ、少しは慣れてきたけれど、ヨーロッパ人がするようなバケーション(例えば海やら島に1~2週間滞在するというもの)は苦手で、未だに行ったことがない所を訪れ、現地の美術館やら有名な所やらおいしいもんを食べるという旅が好きなんです。要は落ち着きがない!?っちゅーのか、1週間も同じ所に滞在するというのはどーもなぁ・・・でも私の好きな旅のスタイルは子連れには全然向かないから、今はまぁいいんだけど。

CIMG6379.jpg
ビーチにはいろんな商売人がいろんなものをたっくさん担いでは、「これどう?」って売りにきてた。
その中でもこのお姉さんは頭の上から下までほんまいろんなもの、持っとった。すごかったわーこのお姉さん。

CIMG6337.jpg   CIMG6333.jpg   CIMG6322.jpg
ダリダリが食べているのはレモンのソルベ。さっぱりしていておいしかった♪








食の思い出 in Italia。

CIMG6237.jpg
滞在していたアパート内で毎晩行われていた、子供ディスコ
特にアリサちゃんは率先して舞台にあがり、ノリノリで踊ってたよん♪

CIMG6301.jpg  CIMG6300.jpg   CIMG6298.jpg
写真ではおどけたり、笑ってしているが、実は

ご飯はまだ来ないのっ

とずーっとぶーたれていた二人。
んでやってきてご飯がコチラ

CIMG6297.jpg   CIMG6296.jpg

ん~、久々のおいすぃー魚介類
地元人オススメの魚介専門レストランだけあって、店内はいっぱいやったし、何より、スイスから来るとこんだけ食べてしかも全部おいしくって、んでこのお値段っ!ともう感動もんでございました。
ちなみに私はあと前菜にマグロのカルパッチョを頂き、ダンナのメインは「てんぷら」(ほんまにメニューに天ぷらと書いてあった)でした。この天ぷら、すんごい量やったけど、ダンナは「めちゃくちゃおいしい~」と言いながら完食。私も一つえび天を貰ったけど、カラッとしていておいしかった~
あと、このレストランで食べたデザートのピスタッチョのアイスがもう絶品で。普段それほど好きでもないピスタッチョ、だけどここのはほんとぉぉぉぉぉにおいしかった。あぁまた食べたい。

CIMG6315.jpg   CIMG6314.jpg   CIMG6236.jpg

ダンナの親戚がトスカーナにおるねんけど、その彼オススメのワイナリーへ。
この真ん中に写っているものはザクロ。

CIMG6305.jpg   CIMG6304.jpg

↑これらは違う日に行ったレストラン。
左に写っているお肉、めちゃくちゃ大きいねんよー。肉ラブのダンナですら残したほど。
右は私が頼んだ前菜の盛り合わせ。右手前に写っている黄色ものはポレンタの粉をどうにかして焼いたものらしいだけど、すごいおいしかった♪これなら私、ポレンタ食べれる。(ポレンタ、あんまし好きではない)
あとレバーのペーストをパンにのせた、クロスティーニというのも今回いろんなとこで頂いたけど、どこのもおいしかった~。レバーが苦手な人でもこれなら食べれるのでは?と思うほど、レバーの臭みも気にならず、めっちゃおいしかったっす。

それにしてもイタリアってほんま、なんでこんなにおいしいんやろぉ~。
海に近いところやったから、今回はたっくさんおいしい魚介類も食べれたし、前菜もおいしいもんが多くって、あー、また食べるためにイタリア行きたいっ。

夏休み。

CIMG6230.jpg

二人の運転で目的地へ出発
さて今年はどこへ出かけたのでしょう?

CIMG6137.jpg

途中、高速にてお昼休憩。これでどこかわかったかなぁ?
そう、答えはイタリア

高速の休憩所とはいえ、侮るなかれ。このパニーノ、あっためてくれてほんまおいしい~のだ
生ハムもたーっぷり入っております。

CIMG6146.jpg   CIMG6158.jpg   CIMG6176.jpg   CIMG6221.jpg

行った先はトスカーナはマレンマ地方という南西部、フォロニカという所に滞在していました。
↑の写真はマッサ・マリッティマという小さい可愛らしい町並みとその近辺の風景。
CIMG6207.jpg   CIMG6201.jpg

CIMG6190.jpg   CIMG6189.jpg
マッサ・マリッティマのレストランにて。このパスタ、Piciという名前のスパゲッティをもっと太くしたもので、茹で時間22分っていうパスタ。このトスカーナ地方で作られているパスタなのかな?

CIMG6273.jpg   CIMG6250.jpg   CIMG6248.jpg   CIMG6279.jpg

滞在していたフォロニカのアパートでは、子供のイベントが盛りだくさんで、子連れにはめっちゃいいとこでしたっ!このポニーに乗るのもその一つ。
そして子供たちがめちゃくちゃハマッていたのがトランポリン。
暇があれば公園に出かけていき、ずーっとジャンプ・ジャンプしていたような。

イタリア滞在記、まだまだ続きまーす。

HOME

 プロフィール 

pesca

Author:pesca
家族構成
・パパ(スイス生まれのイタリア人)
・ママ
・ダリダリ 7歳
・チッチョーネ 亜衣里&亜梨紗 4歳
今はスイスに住んでいます。
*チッチョーネとはイタリア語で「太っちょ」という意味

 最近の記事 
 最近のコメント 
 FC2ブログランキング 

ランキングに参加しています。ポチっと一押し、よろしくお願いします!

FC2ブログランキング

 カレンダー 

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 月別アーカイブ 
 カテゴリー 
 リンク 
 ブログ内検索 

 ブロとも申請フォーム 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。